水が凍結するほどの日は水道の工事も必要なケース

水道管の破損が起きる条件のひとつとして、凍結があります。水は0度以下になると凍結を始めますが、この時に体積が膨張することによって管を破損させ、水漏れなどを引き起こし、工事などによって修理しなければいけなくなります。

■凍結して破損するケース

水道管が凍結して破損するのは、大きな力がかかるからです。破損したら必ず水が流れ出すことになりますし、自然に直ることもありません。
水道管が凍結するのには一定の条件があります。気温で考えたときには、マイナス3度がひとつの基準です。寒冷地ではよく知られたことですが、外気温がマイナス3度を超えると、配管内で水が凍結しはじめることがわかっています。他にも雪が降ったときなどの条件がありますが、おおよそこの気温が境目になると考えておけばいいでしょう。
凍結して破損した配管は、水道工事によって交換するしかありません。自然に解凍するのを待つほかなく、お湯を掛けて急激に温めたりすれば、これも破損させる原因ですので注意が必要です。

■いろいろな予防策がある

凍結することは予測できたら、いくつかの方法が予防策としてあります。簡単なのは水の流れを止めないことです。ほんのわずかでも水を流しておけば凍結を予防することができます。
水道管から水抜きをするのも方法のひとつです。内部に水がなければ凍りません。元栓を閉めて蛇口をひねり、水を抜く方法もありますし、水抜き栓がついている場合もあります。
水道管などを養生して、凍らない状況を作るのも有効です。タオルを巻いておくだけでも違いますので、目に見えている場所に施しておけば対策になります。キッチンのシンク下も凍結しやすいため、対策をしておくといいでしょう。

■まとめ
物質が凍るときの力はとても大きく、金属の配管も破損させます。非常に強い力がかかるのは、なかなか想像がつかない部分です。一度でも破損させれば、工事などに大きな費用もかかるため、気温が下がるのがわかっているときは予防策を取りましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ