水道工事でも最初におこなうこと

DIYも一般化し、水道に関する修理なども自分でこなせる人が増えました。水漏れを含め、トラブルがあったときには、まずは水道からの流れを止めなければいけません。工事会社に依頼する場合でも、被害の拡大を抑えるための処置として重要です。

■水が流れてこないように

水道管から水の供給を受けることによって、水回りの設備は使えます。水がなければ、そもそも機能することがありません。工事会社に修理を依頼する場合でも、水道から水の供給が続いていると、被害がどんどん広がります。水漏れしているときも止まることがありませんので、供給が止まる方法を取らなければいけません。
一般的には設備ごとに止水栓が取り付けられているので、閉めるだけで水は水道管から流れてこなくなります。止水栓が見当たらないときや、そもそも取り付けられていない場合には、元栓を閉めてしまえば問題がありません。家庭内に供給される水の元でもあるため、他の設備にも水は届かなくなりますが、修理するまでの間と考えれば問題ないでしょう。

■安全のために管の中の圧力を下げる

止水栓を閉める理由は、水の供給を止めて被害を抑えるだけではありません。工事や修理をする際に危険性が高いため、圧力を下げる意味もあります。水が流れ出るままでは、高い圧力がかかっています。部品を外そうとしたときなど、周りにも水が吹き飛ぶこととなり、関係ないところまでダメージを受けます。
内部にあるパーツが飛び出してくることも考えられます。工事会社でも、必ず止水栓や元栓を閉めてからおこなうのは、この安全確保が重要だからです。自分たちで修理する場合でも、水の供給を絶ったら、まずは一度水を流してみます。水が流れなくなって圧力もかからない状態であることを確認してから、修理に取り掛かることは大切です。

■まとめ
止水栓などがどこにあるのか、すぐにわかる人は工事に携わっている人などが多く、一般的には用がないためついていることすらわからないことがあります。トラブルが起きたときには大慌てになるため、閉め方も含めて、一度確認してみるといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ