蛇口でも水道の工事会社に依頼するべき状況

水道のトラブルは、いろいろなかたちで発生します。軽度な状態であれば、自分で修理して回復させることができる場合もあります。程度にもよりますが、部品の交換などの方法や道具も判断材料として考慮する必要があります。

■消耗品となるゴムのパッキン交換

水道のトラブルの中でも、頻繁に起きるのが蛇口の水漏れです。パッキンの交換などは、よく知られた存在で、ホームセンターなどでも簡単に手に入るようになりました。賃貸住宅では、消耗品のひとつとして入居者による交換を決めている場合もあります。
部品を手に入れることができれば、そこまで難しいものではありませんが、これも蛇口の形状によります。単純に解体できるものもあれば、センサーが取り付けられているような複雑なものもあるからです。場合によっては、本体ごと交換しなければいけない場合もあるため、細かな部分で確認が必要です。

■使用頻度による摩耗での蛇口の交換

使用頻度によって、蛇口はどんどん消耗していきます。ゴムのパッキンは経年劣化で使えなくなりますが、本体は摩耗が原因になります。毎日使うキッチンで考えた場合、設置から10年もたてば摩耗して水漏れを起こすことが出てきます。使用頻度の低い洗面所などは、キッチンに比べると寿命が長くなるでしょう。
交換する場合、DIYが得意な人ならそこまで困難な作業はなく、新しいものを取り付けることができるでしょう。しかし、道具も経験もない場合には、専門業者に依頼して交換してもらう方が確実です。工事というほどの規模ではありませんが、専門業者であれば確実に取り付けられますし、あとから水漏れの心配もありません。

■まとめ
水道の蛇口はだれでも修理ができるとされていますが、どんどん機能も追加され複雑になっているのも間違いない事実です。パッキンだけではなく他の部分の交換も必要なケースもあるため、自信がない時には水道の工事ができる業者に依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ